魂のコーチング 田中伸一 アクシスエボリューション Axis evolution

2014/11/18物事の捉え方、心の持ち方

気が焦って慌てて仕事をしている時に

こんにちは。

“魂のコーチング”アクシスエボリューション田中伸一です。

 

22年前、私が社会人一年生だった時のことです。

 

当時は銀行員、納税・出納窓口の仕事をしていました。

 

今は、番号札もあり、空いた窓口に順番に割り振られますが、

当時はその仕組みもなく、今ほど自動化も進んでいません。

 

10日・25日・月末の繁忙日は、

異常なくらい窓口にお客様が押し寄せてくるような感じで、

事務処理をする速度よりも、お客様の伝票を受け付ける数の方が多く、

どんどん伝票を入れたお皿が私の机の上にたまっていきます。

お客様の待ち時間も1時間は軽く超えます。

 

繁忙日はいつも気が焦り、早く事務処理をして、

お客様をお待たせないようにしないといけないと思っていました。

 

ところが、その繁忙日のある日、事務処理をしていた時のことです。

 

「今、気が焦って慌てるように事務処理をしているけど、

慌ててやっても落ち着いてやってもスピードはそんなに変わらないんじゃないか? 

多少お客様をお待たせするかもしれないが、落ち着いてやろう」

 

という思いがふと湧いてきました。

 

そう思った瞬間から気が楽になり、落ち着いて確実に仕事ができようになりました。

事務処理のスピードもそんなに変わりません。

 

慌てていたのは、お客様が多いからではなく、自分の気の持ちようだったのです。

 

お客様に対しても、焦っていると「私の窓口に来ないでくれ~」

というオーラを出していたかもしれませんが、その後は、笑顔で

「待ち時間1時間ぐらいかかるので、何か用件を済ませて、

戻ってきていただい方がいいかもしれませんね」と応対していました。

(もちろん、お待たせすることにお詫びもします)

 

今振り返って考えてみると、焦っていた時は、目の前の仕事よりも、

「早く処理しないといけない」ということに意識がいっていました。

でも落ち着いてやっている時は、今、自分の目の前にある仕事に集中している状態です。

 

先の不安なことを考えるよりも、今、この瞬間にできることに意識を集中することですね。

 

 

写真は、鹿児島県霧島市の丸尾滝です。

鹿児島県霧島市 丸尾滝 魂のコーチング

お知らせ・無料メールマガジン アクシスエボリューション通信 自分らしく生きるヒントになるメールマガジンを毎月1回お届けします。お気軽にご登録ください。