魂のコーチング 田中伸一 アクシスエボリューション Axis evolution

田中伸一の紹介

とある一日

4:00
起床、心を整える
img01.jpg 毎朝4時に起床。日記を書きながら前日の振り返りをし、感謝のワーク、祈り、呼吸法、瞑想、「奇跡のコース」ワーク、マントラを唱え、2時間程度かけて朝の日課をこなし、心を整える。この習慣を始めて、自分の内面が深まり、その場の出来事に反応するだけではなく、地に足がついた生き方ができようになった気がします。
6:00
仕事
img02.jpg パソコンを開き、前日の行動記録やメールチェックを行い、情報収集や自己啓発のために目を通しているサイトをチェック。前日の行動記録は、定期的に振り返り自分自身を見つめ直す材料に。ネットでの情報収集は新聞やテレビでは得られない情報を得るために。
6:30
市民農園へ
img03.jpg 自宅から1キロほど離れた市民農園へ。朝の太陽を浴びながら、野菜に声掛けや水遣りを行い、実った野菜を収穫。帰宅後、農園日記もつける。自分で食べるものは自分で作ろう、安心・安全な食べものをと始めた家庭菜園ですが、太陽の光や土、緑に触れることにより、自分も自然の一部と感じるように。
7:30
ジュースタイム
img04.jpg 新鮮な野菜や季節の果物を使って自分で酵素たっぷりのフレッシュジュースを作り、家族みんなでおいしくいただく。午前中(4時~12時)は、体のリズムでいえば、排出の時間帯。午後(12時~20時)は消化、夜(20時~翌4時)が吸収。朝食を自家製ジュースに変えて益々体調も良くなる。その後、新聞を読んだり、自宅からでる生ゴミで家庭菜園用の堆肥作りや、観葉植物への水遣りなどを行う。
9:00
仕事
img05.jpg 今日1日のスケジュールを立て、お客様の資料作成など事務仕事に取り掛かる。その前に読書をすることも。
12:00
昼食
img06.jpg 午前の仕事がひと段落ついたら昼食。季節の果物をいただく。午後の仕事に備え、脳に必要な糖分を消化吸収しやすく、胃に負担のかからない果物が最適。昼食を食べながら録画しておいた映画や情報番組を観る。
13:00
仕事
img07.jpg 午後は企業研修のため、天神まで自転車で出かける。自宅から9キロ、約40分。このくらいの距離なら、運動やエコを考えると自転車での移動が最適。公共交通機関で移動する場合は、合間や空き時間に読書や瞑想をする。
18:00
夕食
img08.jpg 家族全員で感謝しながら夕食を食べる。献立は家庭菜園で収穫した野菜の料理を中心に、圧力鍋で炊いた無農薬玄米ご飯、味噌汁、納豆、梅干などをいただく。
食後には食パンづくりを楽しむことも。家族用として翌朝焼き上がるよう、ホームベーカリーに材料をセットしておく。
19:30
筋トレ・入浴
img09.jpg 家族とくつろぎ、入浴前には中学時代から続けている筋トレとストレッチを40分程度かけて行う。お風呂には息子と一緒にゆっくりと入る。筋トレ・ストレッチは私が一番長く続いている習慣。できない日が続くと、なんとなくリズムがくるうような気がします。
21:00
就寝
img10.jpg 息子と一緒に就寝。夜の22時~翌2時は睡眠のゴールデンタイム。仕事が忙しくなっても、早めに就寝して、翌朝早起きし、仕事に取り掛かる。

私のライフスタイル

仕事のスケジュールによって、いろいろと変わってきますが、これが標準的な1日の過ごし方です。市民農園は夏場は1日おきに、冬場は週1回ぐらい(冬は寒いので農園にはお昼に)行きます。私の大切にしているライフスタイル・価値観をまとめてみました。 (現在、準備中です)

ブログ ( 一覧

お知らせ・無料メールマガジン アクシスエボリューション通信 自分らしく生きるヒントになるメールマガジンを毎月1回お届けします。お気軽にご登録ください。

プロフィールへ戻る