魂のコーチング 田中伸一 アクシスエボリューション Axis evolution

2010/11/16物事の捉え方、心の持ち方

ある人から仕事のことで、批判をされました。

私が心掛けていることの一つに『主体性を持つ』というのがあります。 

自分の周りに起こる出来事を、すべて自分が源として捉え、 
人や環境のせいにしない、ということです。 


先日、ある人(Aさん)から仕事のことで、批判をされました。 

自分のことを批判されたのは、2~3年振りぐらいです。 

正直言うと、責任転嫁もいいところで、 
言いがかりのような印象を受けました。 


私は黙って話しを聞き、Aさんの考えを受け止めようとしたのですが、 
最終的には、その人に対して感情的な発言をしてしまいました。 


その後、振り返って考えてみると、 
私はAさんを批判し、被害者意識を持っていました。 

その時の私には、『主体性』はなく、
「責任はAさんにある」 という考え方をしていたのです。 


次の日、Aさんにメールしました。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

先日は、不適切な態度・発言をし申し訳ありませんでした。 
お詫びいたします。 

私は、目標としている人物像があります。 

常に心穏やかな人です。 
どんな状況でも、全てを受け止めることのできる器の大きな人です。 

昨日、Aさんに私のことを批判されました。 

始めは、受けとめようとしていましたが、
結局は、受け止めることができず、感情的になってしまいました。 

本来なら、Aさんの意見は、真摯に受け止め 
自分自身の力不足を反省すべきところでした。 

申し訳ありません。 

改めて、自分自身の器の小ささを実感しました。 
それを教えてくれた、Aさんには感謝しています。 

ここ2~3年、人からこうして批判されたことがなかったので。 

・・・(続く) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


それから、1週間後、Aさんからお詫びメールが届きました。 

メールには、その方なりの提案や、「これからよろしくお願いします」 
という内容も書いてありました。 


嬉しかったです。 

普段、こんなメールを書く人ではないので。 



やっぱり、全ては自分次第ですね。

お知らせ・無料メールマガジン アクシスエボリューション通信 自分らしく生きるヒントになるメールマガジンを毎月1回お届けします。お気軽にご登録ください。