魂のコーチング 田中伸一 アクシスエボリューション Axis evolution

■ 田中伸一のインタビュー動画
アクシスエボリューション代表
田中伸一のルーツとメッセージ

2016/02/23人材育成の考え方や方法

乱れていた職場の和が回復(雨降らし男の物語)

こんにちは。
“魂のコーチング”アクシスエボリューション田中伸一です。

 

職場におけるメンバーの心の和が乱れているとき、

すべてがうまく動かなくなるときがあります。


その中心にいるマネージャーが、慌てて対策を打つのではなく、

自分自身の心を落ち着かせ、あえて何にも働きかけないことで、

職場に心の和が回復し、物事がうまく動き出すことがあります。

 

田坂広志さんのメルマガで参考になる話がありましたのでご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨降らし男の物語

 

 心理学者のユングが、
 宣教師リヒャルト・ヴィルヘルムから聞いたと言われる話に、
 「雨降らし男」の物語があります。

 

 これは、次のような物語です。

 

 

 中国の地方のある村で、
 干ばつのため雨が降らず、村人が困っていました。

 

 そこで、村人は「雨降らし男」を呼んできて、
 雨を降らしてくれるように頼みました。

 すると、その男が、小屋をつくって篭ったところ、
 三日目に雨が降り始めました。

 その雨に村中が大喜びし、お礼を言うと、
 その男は答えました。

 

  あの雨は、私が降らしたのではない。
  この村では、天の秩序に従って村人が生きていなかった。
  そのため、雨が降らなかったのだ。

 

  そして、その影響を受け、
  この村にやってきたとき、私も天の秩序に反する状態になった。

  そこで私は三日間篭って、私自身が秩序の状態になるのを待った。
  すると自然に雨が降ってきたのだ。



 この話は、東洋的な神秘の物語にも読めますが、
 実は、我々が、職場などにおいて、
 しばしば経験していることではないでしょうか。


 職場におけるメンバーの心の和が乱れているとき、
 すべてがうまく動かなくなるときがあります。

 しかし、そのとき、何にも働きかけず、
 ただ、その中心にいるマネジャーが、心の静寂を取り戻すだけで、
 その職場に心の和が回復し、
 物事がうまく動き出すことがあります。


 マネジメントとは、
 そうした深みを持った世界でもあるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分の周りに起きる出来事は、自分の心の写し鏡。

だとすれば、変えるの周りではなく、自分の心。

心が整えば、自分の周りに起きる出来事も自ずと変わっていきます。

 

 

お知らせ・無料メールマガジン アクシスエボリューション通信 自分らしく生きるヒントになるメールマガジンを毎月1回お届けします。お気軽にご登録ください。