魂のコーチング 田中伸一 アクシスエボリューション Axis evolution

■ 田中伸一のインタビュー動画
アクシスエボリューション代表
田中伸一のルーツとメッセージ

2020/07/18生き方・人間力向上

福岡県立社会教育総合センター様での講演会

こんにちは。
“魂に寄りそうコーチング”アクシスエボリューション田中伸一です。

 

7月13日、福岡県立社会教育総合センター様で

講演『愛すること、学ぶこと、生きること』をさせていただきました。

 

息子からの学びと気づきの講演は5カ月振り。

 

コロナの影響で、2月下旬以降の講演会が見送りとなり久々の講演です。

 

職員の方を対象にした講演で、感染症対策もしっかりと行っています。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175244j:plain

 

講演会のご感想です。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175526j:plain

ご自身の実体験をもとにお話しされたので、非常に分かりやすかったです。障がいのお子さんを持つ田中さんだからこそ、辛い思いや苦しい気持ちを上手く伝えることができるんだと感心しました。息子さんを尊敬されていること、障がいがあることをプラスに捉える考え方など本当に素晴らしいと思いました。物事は考え方次第で明るくなるということを自分もこれから生きていく上で、大事にしていきたいと思います。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175544j:plain

先生のお話しは今回で2回目になります。幸せに生きることの素晴らしさを教えて頂きました。これからの時代、幸せに生きるためには、小さな気づきや喜びを自分自身の幸せな生き方につなげていくこと、とても大切だと思っています。幸せアンテナを自分の中にもっと増やしていきたいです。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175557j:plain

自分自身の見方・考え方が変わりました。子どもたちと接することの多い職ですが『ひとつのものさし』で子どもを見て、評価していた自分に気づきました。ものさしはひとつでなく、一人ひとりにあると思うことができました。田中さんの話は2回目ですが、いつも気づきが生まれます。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175613j:plain

障がいをもっていること、また、そのことを周りで支えるご家族を気の毒に思う気持ちがありましたが、田中さんの前向きな気持ちを知り、これからは応援していこうと思えるようになりました。私のおいにもADHDがあり、手のかかる状況ですが、その子のそのままを認める=あきらめではなく、尊敬なのだと気付かされました。障がいがあるなしに関わらず、周りの人に敬意を持てる心の余裕を身につけたです。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175630j:plain

日頃の忙しさや、目の前のことに忙殺されている自分がふと立ち止まれるきっかけを与えてくださったと思います。また、教育に携わる者として、本当に育てたいものは何なのかという原点のようなことを改めて考えるきっかけにもなったと思います。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175709j:plain

「一番に価値を置く生き方」(対象は他者)から、「ゆっくり、ありのままに今の思いを形にして生きる」(対象は自分)へ。この変化はとても難しいと思いますが、とても大切だとも思います。誰しも人生の中で、どの時点かで、この変化をうまく自分の中に取り入れたら幸せだろうなと思いました。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175653j:plain

ダウン症の障がいを持っている息子さんのお父さんのお話を直に聞くことがなかったので、悩みが深かっただろうな…家族のために、ものすごく、ご自身が変わられたんだろうなと思ってお話を聞いていました。私自身2度出産を経験し、子どもが障がいを持っていても、いのちを大事にしようと気持ちを確認する機会が多かったので、幸せそうな講師の方の話し振りに力づけられた気がします。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175821j:plain

障がいのある方への見方に変化がありました。以前はやはり「可哀想」という言葉が先行してしまい、他に心情を抱くことがほとんどありませんでした。しかし、今回の講演会に参加したことで、障がいがありながらも精一杯生きていること、「素晴らしい」「尊敬」という気持ちになりました。障がいのある方に限らず、人一人ひとりの存在が尊いものであることが再確認できました。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175720j:plain

「障がい」を持つ子ども(人)の存在そのものが大きな他者へのメッセージと気づかされました。他者は、このメッセージを我が身にしっかりと受け止める責任があるかもしれませんね。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175848j:plain

自分自身の子育てを振り返り、子どもを大切にする、家族を大切にすることの本当の意味に気づかされたような気がします。できない事へ、どうしても目が向きがちな自分もいるので、もうちょっと立ち止まって見守り、接していきたいなという気持ちになりました。

 

f:id:tanaka-shinichi:20200715175902j:plain

中高生向けにも機会があればお話ししてくださると嬉しいですし、私たちも近くに田中様のような講師がいらっしゃることをもっと知っておかなければならないと感じました。

 

 

嬉しいご感想をたくさんいただき、本当に感謝です。

 

コーチングやコンサルティング、色んなテーマで研修をしていて、

どれもやり甲斐があるのですが、この講演は、私にとって一番のライフワーク。

5カ月振りに講演してあらためて感じました。

 

なかなか講演会を行いにくい状況ですが、

一人でも多くの方にお伝えしていきたいと思います。

お知らせ・無料メールマガジン アクシスエボリューション通信 自分らしく生きるヒントになるメールマガジンを毎月1回お届けします。お気軽にご登録ください。